明治の文豪・森鴎外『雁』無縁坂が暗示する物語の結末。




明治の文豪・森鴎外『雁』無縁坂が暗示する物語の結末

明治の文豪と言えば、夏目漱石、森鴎外です。今なお時代を超えて、文庫本の定番として多くの読者を魅了しています。

漱石はイギリスへ、鴎外はドイツへと留学を果たしますが、

夏目漱石が「私人」であったのに対して、森鴎外は「公人」でした。明治陸軍の軍医であり、軍医総監までのぼり詰めたのです。

森鴎外『雁』あらすじ。


そのころから無縁坂の南側は岩崎の邸(やしき)であったが、まだ今のような巍々(ぎぎ)たる土塀で囲ってはなかった。きたない石垣が築いてあって、苔蒸(こけむ)した石と石との間から、歯朶(しだ)や杉菜が覗いていた。


この文章は『雁』の弐の冒頭部分です。

この無縁坂がこの物語の舞台となり、物語が展開してゆきます。

そして、ここに出てくる無縁坂と言う言葉が、物語の最後に、その意味を教えて呉れるのでした。

森鴎外の文章は、『舞姫』に代表される、文語体で書かれた前期の作品や、

『阿部一族』などに代表される、漢字の多い後期の歴史ものなどは、かなり読みづらく、途中で断念したくなりますが、

『雁』は、この両者のちょうど中間に位置する、作品のうちの一つで、

口語体で書かれた現代小説であるため、非常に読みやすく、鴎外作品の入門書として、お勧めの一冊です。

雁 (新潮文庫 もー1-1 新潮文庫) [ 森 鴎外 ]



登場人物~岡田・お玉・未造


登場人物は、この小説の語り手である「僕」。

僕は東京大学の学生で、鉄門の向かいにある下宿屋「上条」に住んでいます。

そして僕は35年前のことを追想して、この物語を書いています。

下宿屋「上条」の隣の部屋に住んでいた岡田は、卒業を控えた学生で、体格の良い美男で、競漕(ボートレース)の選手です。

岡田は夕食後の散歩を日課にしており、その道筋にある「無縁坂」で、お玉と顔を合わせるようになります。

お玉は、練塀町(現在の秋葉原のあたり)の狭い路地裏に住んでいた娘で、

婿入りの予定だった巡査に、妻子があることが分かり、井戸に身を投げようとした、自殺未遂の過去がある女でした。

その一件でお玉は、町内に顔出しできなくなり、西鳥越(台東区の地名)に引っ越します。

阿部一族/舞姫改版 (新潮文庫) [ 森鴎外 ]



高利貸しの末造


その後は、父親を安心させるために、高利貸しの末造の妾として身請けされ、無縁坂の途中にある家に住み始めます。

お玉には目的がありませんでした。ただ父親に楽をさせて上げたいと言う、孝行の気持から妾になったのでした。

しかし、末蔵には妻子がいるため、お玉は一日の大半を、女中と二人で暮らすことになったのです。

お玉を身請けした末造は、もとは大学医学部の寄宿舎に勤める小使でしたが、

学生相手に金を貸し始め、高利貸しで儲けるようになります。

末造は、大学への通勤時に見知っていた16~17歳の頃のお玉を思い出し、自分を商人という触れ込みで妾にしたのです。

しかしお玉は身請けされるまで、未造が高利貸しだと言うことを知りませんでした。

一方、未造の妻は、夫が妾を持った事に嫉妬します。その未造の妻の、切な女心の思いが面々と綴られていきます。

妾になりお玉の生活は楽になりましたが、

代わりに退屈を覚えたお玉は、毎日家の前を決まって散歩する岡田という学生に、恋幕の情を募らせることになります。

そして末蔵が出張し、女中を実家に帰えらしたその日に、岡田にアプローチする絶好のチャンスが訪れます。

しかしその日に限って岡田の散歩には、語り手の「僕」が同行していて、お玉は折角のチャンスを逃してしまうのでした。

「僕」と岡田は、散歩の途中で同級生の石原に出会います。

石原は投げ石で、雁を仕留めようとしていました。

岡田は雁を逃してやろうと石を投げたところ、運悪く雁に直撃し、意図せず殺してしまう結果となります。

その帰り道、岡田はお玉の家の前を通りましたが、同行者がいたため、二人が接触することはありませんでした。

間も無くして、岡田は海外に旅立ち、お玉の恋は叶わず終ったのです。

ヰタ・セクスアリス改版 (新潮文庫) [ 森鴎外 ]



タイトルに使われる「雁」


小説のタイトルに使われる「雁」が作中で登場するのは、終盤に1度だけです。

岡田は雁を助けようとしたのに、逆に殺してしまうと言う味気ない結末になります。

それが何とも不条理で、やるせない気持ちになるのです。

そして何より、読者に気を揉ませていた、岡田とお玉の二人には何事も起こらず、何の関係も生まれませんでした。

しかし、これこそが正に、二人が元々「無縁」の状態であり、その「無縁」のまま物語は終わり、

弐の冒頭部分にある「無縁坂」のくだりが、この物語の終焉を、当初から暗示していたのでした。

青年 (新潮文庫 もー1-2 新潮文庫) [ 森 鴎外 ]