セルバンテスの名作『ドン・キホーテ』あらすじと名言。




セルバンテス『ドン・キホーテ』妄想騎士道のラ・マンチャの男

世界で最も売れた本のランキングで、2021年は、1位『聖書』:推定50~60億部以上。2位『毛主席語録』:推定9億部以上。

3位『コーラン』:推定8億部と、聖典や名言集が上位の中、

世界で最も売れた本の第4位はミゲル・デ・セルバンテス『ドン・キホーテ』(販売部数:推定5~6億部)なんだそうです。



“世界で最も「売れた小説」”


『ドン・キホーテ』と言うと、日本では殆どの人が、著名な量販店を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、世界的にはセルバンテスの『ドン・キホーテ』は、高い認知性を保っているようです。

ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』は、

自分が騎士であると言う、誇大妄想に取り付かれた、ドン・キホーテと従者サンチョ・パンサが、

旅先で巻き起こす滑稽な悲喜劇を、風刺を気を利かせた冒険譚仕立てに描かれて、

“世界で最も「売れた小説」”として、近代文学の先駆的な小説と高く評価されています。

ドン・キホーテ 完全版【電子書籍】[ セルバンテス ]


『ドン・キホーテ』ラ・マンチャの男


『ドン・キホーテ』は、1605年に発表された、スペインのラ・マンチャ地方を舞台にした小説です。

しかし、どれだけの人が、この『ドン・キホーテ』の内容を知っているでしょか。

小説の題名は知っていても、実際にどんな小説で、何が凄いのかと言うことになると意外と知られていません。

物語の中に登場するドン・キホーテが、風車に突撃すると言うエピソードは、あまりに有名で知ってはいるものの、

その出来事の理由は何かと問われてみると、答えに窮する事でしょう。

『ドン・キホーテ』は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテス(1547-1616)によって書かれた長編小説の大作です。

その装丁には、挿絵が入っている事で、ドン・キホーテの中味が想像出来て、物語に入り込みやすくなっているのです。

ドン・キホーテ☆(全6冊)☆ (岩波文庫) [ セルバンテス ]

 

ミハイル・バリシニコフの「ドン・キホーテ」 [ アメリカン・バレエ・シアター ]



騎士道物語が大好きな主人公


当時のヨーロッパで流行していた、騎士道物語が大好きな、下級貴族の主人公は、

村の司祭と床屋を相手に、騎士道物語の話ばかりしていました。

それは騎士道物語に描かれた世界は、かつて実在し、

それを当時16~17世紀の時代に復活させ、理想の世界を実現させると言うものでした。

騎士道物語にのめり込み、昼夜を問わず夢中で本を読み続けた、主人公の騎士道熱は、

本を買うために、田畑を売り払うほどになり、あげくの果てに正気を失い、

妄想に陥った主人公が、 自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラマンチャ」と名乗って、

痩せこけたロバのロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ、遍歴の旅に出るのです。

更に、騎士道物語には愛を捧げる「想い姫」が必要なので、

近くの村に住む田舎娘アルドンサを、ドゥルシネーア姫ということにしました。

そして、騎士道物語に倣って、最初に出会った騎士に叙任して貰おうと考えながら、

ドン・キホーテは、世直しの旅へと出発するのでした。

ドン・キホーテ 前篇1 (岩波文庫 赤721-1) [ セルバンテス,M. de ]



バーナード・ショーの皮肉な名言


そんな、『ドン・キホーテ』を、アイルランド、ダブリン出身の劇作家で、

ノーベル文学賞受賞者のバーナード・ショーは、こんな名言で皮肉っています。


「ドンキホーテは読書によって紳士になった。そして読んだ内容を信じたために狂人となった。」 (バーナードショー)


皮肉屋のバーナード・ショーらしい見事な言い回しです。

そして、ラマンチャの男は、行く先々で持ち前の妄想と狂人じみた行動で、様々な冒険を繰り広げていくのです。

ドン・キホーテ 前篇2 (岩波文庫 赤721-2) [ セルバンテス,M. de ]



16世紀の騎士道物語。


騎士道物語とは、16世紀にスペインで大流行した、小説群のことを指します。

主人公は遍歴の騎士と言う「旅の騎士」で、彼らは囚われの姫や、虐げられた人々を救うために、

恐ろしい巨人や魔法使いと勇敢に戦い、平和をもたらすと言うものです。

ドン・キホーテが読んでいた騎士道物語とは、まさにこのような本でした。

『ドン・キホーテ』では、騎士の勇者の剣で、聳え立つ塔のような大きな巨人を真っ二つに断ち切ったり、

魔法使いの力で、一瞬に遥か彼方に移動したりと、不思議な出来事が起こります。

ドン・キホーテ 前篇3 (岩波文庫 赤721-3) [ セルバンテス,M. de ]



世界的有名な「風車のシーン


その冒険の中でも有名なのが「風車のシーン」です。

「ドン・キホーテは風車を巨人と間違えて突撃した」これはよく言われるエピソードです。

二人は道を進むうちに野原に並ぶ風車を発見します。

それをドン・キホーテは巨人だと思いこみ「やつらを皆殺しにして財宝を頂こう」と持ち掛けます。

ドン・キホーテの眼には、巨人として見えていたのです。

風車に突撃したドン・キホーテは、風車の羽に突き刺した槍ごと吹っ飛ばされ、宙を舞い、地面に叩きつけられてしまいます。

それを見た従者のサンチョ・パンサに「やれやれ、なんてこった!」と呆れられた後もドン・キホーテはこう言い返します。

「魔法使いが巨人退治の手柄を奪うために、魔法で巨人を風車に変えてしまった」と言い張ります。

ドン・キホーテは、確かにあれは巨人であったのだが、魔法使いの仕業で、今は風車になってしまったと弁解しているのです。

ドン・キホーテ 後篇1 (岩波文庫 赤721-4) [ セルバンテス,M. de ]



村に帰ったドン・キホーテ


幾多の旅をしたドン・キホーテでしたが、怪我をしたため素直に故郷へと帰りました。

帰郷すると家政婦と姪は、騎士道物語に文句を言いながらドン・キホーテを迎えます。

司祭は家政婦と姪にドン・キホーテを村から出さないよう言いつけますが、

二人はドン・キホーテが再び世直しの旅に出ていく、嫌な予感が拭えないのでした。

故郷で静養していたドン・キホーテは、村の学士カラスコから、ドン・キホーテの物語が出版されていることを聞かされます。

人々がドン・キホーテの愉快な物語を期待していることを知り、

ドン・キホーテとサンチョは再び旅に出ることになり、旅は続くのでした。

ドン・キホーテ 後篇2 (岩波文庫 赤721-5) [ セルバンテス,M. de ]



旅の最後の結末。

旅の最後に、村へと帰ってきたドン・キホーテは、決闘で負けて、1年間村で暮らさなければならない事を打ち明けます。

そして、これから何をしようかと話しているところで、気分が悪くなったため寝ることにします。

旅の疲れが出たのか失意からか、ドン・キホーテは病に倒れてしまいます。

一週間後になんとか持ち直して目覚めると、なんとドン・キホーテは正気に戻っていたのです。

『ドン・キホーテ』は上下巻合わせて6冊で、1冊あたり400ページを超える大作です。

その中でも、1冊目にこそ『ドン・キホーテ』の面白さのエッセンスが凝縮されていますし、

更に有名な風車の冒険にも出て来るので、1冊目はおすすめの作品です。

ドン・キホーテ 後篇3 (岩波文庫 赤721-6) [ セルバンテス,M. de ]



セルバンテスの名言。




事実は真実の敵なり。


正直は最善の策である。


富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。


生命のあるかぎり、希望はあるものだ。


君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。


真の勇気というものは、
極端な臆病と向こうみずの中間にいる。


子供というものは両親の分身ですぞ。
したがって、よい子であろうと悪い子であろうと、
われらに生命を与えてくれる魂を愛するように、
愛さねばなりません。


人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。


女の忠告なんぞ取るに足らねえ、
だけどそれに耳を貸さないやつは、
ひどい阿呆だと思うんですよ。


幸運はそれが失われるまで知られない。

ミハイル・バリシニコフの「ドン・キホーテ」 [ アメリカン・バレエ・シアター ]